育毛剤の効果的な使い方

育毛剤の効果は大きく分けて三種類

ミノキシジルを使った「リアップ」(大正製薬)や「プロペシア」(万有製薬)など、医薬品系の育毛剤以外にも、育毛剤や養毛剤には薄毛解消のためのさまざまな効果があります。
育毛剤や養毛剤の効果は大きく分けて3種類。それぞれの内容と有効成分を紹介します。
※ミノキシジルやプロペシアに関しては「有効成分を比較」をどうぞ。

1.毛母細胞を活性化する効果

ビチオン(ビタミンH) ビタミンB群の一種です。毛母細胞を活性化させ、脱毛だけでなく白髪にも作用します。
ペンタデカン酸グリセリド 脂肪酸(油)の一種です。毛母細胞の細胞分裂を活発にさせる作用があります。
ニンニクエキス ニンニクの鱗茎から抽出されたエキスです。毛根神経と毛母細胞を活性します。
髪の毛を作り出している毛根部分に直接、働きかけて毛母細胞を活性化させるタイプです。
新陳代謝を高めることで、薄毛を予防・回復させ、発毛を促します。
話題の『M-1発毛育毛ミスト』や『ポリピュア』などに多く含まれます。

2.頭皮の血行を促進する効果

センブリエキス 日本固有の生薬で、毛根を刺激し、発毛を促す作用があります。
トウガラシエキス 主成分はカプサイシン。発汗を促したり、血行を良くする作用があります。
ニンジンエキス 頭皮を改善し、発毛を促す血行促進作用や保湿作用が期待できます。
頭皮の血行を促進すると、髪の毛に多くの栄養を送り届けることができます。
育毛剤によく使用されるのは、血行促進、血管拡張作用をもつ有効成分。
毛髪環境を改善することで、発毛を促します。

3.皮脂を抑制する効果

イオウ 余分な皮脂を除去する作用があります。たんぱく質やアミノ酸の構成要素でもあります。
ビタミンB6 皮脂の過剰な分泌を抑える作用があります。皮膚の新陳代謝も促します。
カシュウ ドクダミの根を乾燥した生薬です。毛根の余分な油を取り除き、毛穴の詰まりを防止します。
フケやかゆみは毛穴を詰まらせ発毛環境を悪化させるシグナルです。
大きな原因の1つが頭皮の過剰な皮脂分泌。
そのため皮脂分泌を抑えることで、脱毛や薄毛を予防することができます。

有効成分と効果は?

その他にも抗酸化作用と活性酵素を取り除く作用がある『ビタミンE』や、男性ホルモンを抑制するタイプなどがあります。

女性にはあまり関係ありませんが、男性ホルモンを抑制し女性ホルモンを増やすことで薄毛の原因を取り除くものです。

育毛マッサージで得られる効果

育毛マッサージを行うことで得られる効果として、頭皮のつぼを刺激することで得られる血行促進効果があります。
血液の流れを促すことは毛を育てたり太くすることには欠かせない重要なことです。美容院などでも頭皮マッサージをしたりつぼを押すのはこういった理由なのです。

また、シャンプーをしながら育毛マッサージを行うことで頭皮の毛穴に詰まった老廃物や皮脂を取り除く効果もあります。
老廃物や皮脂は抜け毛の原因になりますから育毛効果に繋がりますし、トリートメントや育毛剤などをつけるときのその効果の現れ方にも差が出てきます。

頭皮が硬くなっている部分こそ髪が抜けやすい部分なのです。

薄毛の人は頭皮が硬いことが多いですが、頭皮が硬いと血管が圧迫されることで血行が悪くなり栄養が行き届いてないから薄毛という状態であると言えます。
ですからそういった硬くなった頭皮を柔軟にほぐすことで育毛効果が出るのです。

育毛マッサージの方法

育毛マッサージは自分でできますが、力の加減がポイントです。優しく揉みほぐすように行わないと、力を入れ過ぎて爪で頭皮を傷つけてしまったり、逆に弱過ぎれば効果が得られないこともあります。適度な力加減で行うようにしましょう。
両手の全ての指の腹で頭全体を包むように揉んでいきますが、指を滑らさないように位置を少しずつずらしていきます。

頭皮の全体をまんべんなく揉みほぐすように行います。

頭皮が硬くなっている部分などは重点的に行うといいですが、頭頂部にある百絵と言われるつぼも合わせてマッサージすると頭皮の血行を上げるのには効果が高いです。
そして、全体を揉みほぐしたら最後に手のひらで頭の横部分にあたる側頭筋を両側から押しつけるようにしてマッサージします。
この側頭筋への刺激をすると頭に血がすうっと巡ってくるのを感じられます。

育毛マッサージをする時のタイミング

できるだけ頭皮が柔らかい状態で行うほうが良ので、シャンプーの時やお風呂上がりなどが効果的です。
乾燥した状態の時に行うなら育毛剤やトリートメントをつけてから行うようにしましょう。乾燥していると頭皮を傷つけやすく皮膚が炎症を起こしてしまうとせっかく育毛マッサージをしたのにそのことが抜け毛の原因になってしまうことになります。

育毛マッサージをするにあたって注意すること

頭皮をマッサージするので必ず指の腹を使って行うようにしてください。ブラシなどを使って行うと頭皮に傷が入り皮下組織を破壊することにもなり兼ねません。
また、すぐに効果が得られないからと一回こっきりで止めてしまっては効果は得られません。

日々揉みほぐすことで少しずつ頭皮が柔らかい状態になり、育毛効果や抜け毛予防に繋がります。